シミを目立たなくするためのケア方法を解説します

まだ20代の前半で、左の頬骨の一番高くなっている辺りに、ポツンとシミができているのを見つけました。

その頃は、まだシミの色も薄く、普通にファンデーションを塗れば見えなくなってしまう程度だったのですが、時が過ぎるにつれて、段々と色が濃くなってきて、心なしかシミの範囲も広がってきたように感じました。

20代後半になると、ファンデーションだけでは隠せないようになり、コンシーラーでシミをカバーするようになりました。さすがにこのままではいけない、と危機感を感じたので、同時に今までは日焼け止めを塗る程度だった、シミ対策を始めました。

シミが取れる、薄くなる…という評判の有名メーカーのオリーブオイルや、美白作用をうたった美容液、シミ取りクリームなど、色々と試してはみたものの、30代前半の今になるまで、シミは取れていません。

化粧品に頼るだけではダメなのかと思い、美容鍼灸に行ってみたり、デトックス効果のあるハーブティーを飲んだりと、身体の中から肌を整えるように努力してみましたが、美肌作用はあるものの、肝心のシミは薄くもならず、消えもしません。

友人が「レーザー治療でシミを取った」と言っているのを聞いて、私も試してみようかな…という気になっていますが、同じ友人が「レーザーでとっても、何年かすると、また同じところにシミが出てくるよ」ともいうので、それならやっても意味も無いのかなぁと思って、レーザー治療はしていません。

最近、またシミの色が濃くなったような気がしています。
色々とシミが取れるように努力しましたが、もう30代なので、シミの1つや2つは、諦めなくてはいけないのかなと思い始めています。

毎日の化粧の仕方が重要

一時期は、顔中にシミなどのトラブルができまくっていました。もともとアレルギー持ちでアトピーっ気もある私は、環境の変化やその日の体調によって肌の荒れ方が異なるのですが、調子が悪くてもう「何もしたくない!」と肌のケアを怠った日には、もう最悪なコンディション。

かといって化粧水や日焼け止めなど直接肌に塗るものは、自分の身体に合わないものだとそれこそアレルギーの症状が出てしまうので、何でもとりあえず塗ればいいというわけにもいかず、ある程度吟味する必要があるので、正直なところ面倒くさくなってしまうことも。

しかしシミやくすみがあると顔の輝きがなくなる気がして、どうにかして改善したいとは思っています。顔の輝きがなくなると、周りに「体調悪い?」と聞かれてしまったりしますし。

最近では化粧品はなるべく最小限で済むように、地肌から良くしようと石鹸を替えてみたりしています。今のところ自分の身体に合っているのは敏感肌にも優しいベビー・ソープ。

これで洗顔するようになってから、少しずつ肌質が改善されて元に戻って行っているような気がします。紫外線対策については、今年の夏から日焼け止めもさることながら日傘を差すようにしました。これで改善されることを切に願っています……。

季節限定ではダメ!?紫外線対策は年中通してが基本

子どもの頃から色白でシミひとつない自慢の肌だった私。中高生の頃はテニスをやっていたこともあり、いつも夕方遅くまでテニスコートを駆け回っていましたが、それでもシミに悩まされることなどなかったのです。20代前半までは、肌のことで悩んだことなど一度もありませんでした。

ところが30代に入って、はじめて小さなシミを発見!
「えっ!今年は長い時間外に出ることなんてなかったのにどうして!?」

とは言え、正直いって丁寧にスキンケアを行えば、きっとすぐにもとの肌に戻るのではないかと思っていたのです。でも、それは甘い考えだということがすぐにわかりました。

10代や20代前半では新陳代謝が活発です。そのため、多少、肌が荒れてしまったとしてもすぐに回復します。30代ではまだまだ肌年齢が若いと感じていても、実際には、少しずつ老化していっているわけです。ですから一度シミができてしまうとなかなか消えなくなってしまうのは当然なのかもしれません。

これまで、私のシミ対策は、夏の日差しの強い日にのみ日焼け止めをつけるという程度しか行っていませんでした。シミができないようにするために必要なことと言えば紫外線対策が一番にあげられるのではないでしょうか。

でも、紫外線というのは、夏限定で地表に降り注いでいるわけではありません。ですから、本来、日差しの強いときだけではなく、一年を通して行っておくべきことなのですね。

その結果、私は毎日浴びてしまう紫外線で肌を傷めてしまっていたのかもしれません。私の勤務先では一年中、日差しが強く、午後になると強い日差しに悩まされることもあるのですから。

30代になってはじめて気がついたこと。それは、老化はある日やってくるものではないということです。私たちの肌は、残念ながら日々、少しずつ老化していっているのですね。

広告などで、アンチエイジングとかエイジングケアという言葉をよく目にしますが、そのような言葉とシミ対策がよく関連づけて考えられるのはシミと老化には関係があるからと言えるのでしょう。

ある日気がついた私の顔のシミ。まだ目立たないけれど、なんだか私に日々のケアの大切さを教えてくれたような気がします。

ニキビが原因でできてしまったシミ!いつ治るのかな?

私の肌の悩みと言えばニキビ。なかなか治らないニキビで悩んでいます。私の場合、10代の頃はどんなにケアしてもニキビが治らず、一時は学校に行くのも嫌になってしまったくらいです。

20代になって、ようやくニキビの悩みから解放され安心していた矢先に再びニキビで悩まされることになってしまいました。今度のニキビはいわゆる大人ニキビというものでしょうか?

今になって考えてみると、就職が決まり、新たにメイク用品をすべて買い揃えたことが発端だったように思います。新しいメイク用品はすべて自分の欲しいものばかりだったのですが、自分の肌に合うかどうかという点については全く重視していなかったため、結局、肌に合っていなかったようなのです。

今の私なら友達の間で人気があるものだから、といった理由だけでメイク用品を選ぶようなことはしません。でも、あの頃の私は、何でも友達と一緒でした。メイク用品が肌に合わないと色々な肌トラブルの原因になるなんて思ってもみなかったのです。

もちろん、はっきりとした理由はわかりません。でも、私の肌はその頃から常にニキビでいっぱいの状態になってしまいました。

その後、肌のケアに気を付けるようになり、時間はかかりましたが大人ニキビは治りました。でも、ニキビは治っても、まだ、私の顔にはニキビの跡がシミのようになって残っています。

今でも、朝の洗顔の後、鏡で自分のシミの跡を目にすると、思わず摩りながら悲しくなってしまうのです。

シミの原因や種類別ケア方法を紹介します!

いかがでしたか?シミのトラブルや悩みで悩まれている方たちの体験談を紹介させて頂きました。シミができる原因は色々ですが、肌のトラブルの中でもシミによるトラブルで悩んでいる方は少なくないようですね。また、一度、できてしまったシミはなかなか消すことができない、というのは多くの人に共通の悩みのようです。

「それなら、そもそもシミができないようにするのが一番ではないか?」
そう思われる方もいらっしゃることでしょう。確かにそのとおりです。シミができないように日々のケアやシミ対策を行うことはとても大切です。シミを作らないようにすればシミで悩まされることもありませんね。

でも、どんなにケアしていてもシミができてしまうのを避けられないこともあるのではないでしょうか。
「では、すでにできてしまったシミは諦めるしかないの?」

そんなことはありません。できてしまったシミもケアすれば、100%消すことはできなかったとしても、少しずつ薄くすることはできるはずですよね?とは言え、シミの種類や原因は様々です。ですから、その種類や原因に応じてケアを行う必要があるのです。

そこで、当サイトでは、シミの原因や種類別ケア方法、またシミのケアだけではなく関連して美白ケアなどについても紹介しています。これまでシミのトラブルで悩まれてきた方は、ぜひ、お読みになって参考にしてください。少しでもお役に立てればと思います。

ページの先頭へ戻る